とても便利なビニール袋

ビニール袋は、何かと生活の中で使うことが多いです。スーパーなどで買い物をした時などに、野菜や肉や魚などの生鮮食品を小さい透明のポリ袋に入れることはよくあります。そしてそのポリ袋はキッチンの三角コーナーのカゴにかけてくず入れとしても使えます。また、最近は有料になっているスーパーも多いですが、買った商品をまとめてビニールの買い物袋に入れて持って帰ったりします。そのように毎日の生活でとても役に立っているものですが、旅行に行く時などレジャーでも活躍します。例えば、旅行に行く時に着替えの衣服や洗面用具をそれぞれにわけて入れておくとカバンにすっきりと荷物を入れることができます。他にも海やプールで遊んだ後の水着やバスタオルなどを、直接カバンに入れてしまうとカバンが湿ってしまうので、ビニール袋にまとめてからカバンに入れると良いです。


キッチンには欠かせないビニール袋

ビニール袋の代表格といえば、スーパーやコンビニののレジ袋だと思います。しかし、最近はマイバック、エコバックでレジ袋は減ってきました。レジ袋が有料というところも珍しくなくなりました。この流れは、エコの観点からもいいことだと思います。でもだからといって、ビニール袋がすべてなくなってしまっては困りますね。特にキッチンにおいてはぜったいに必要なものの一つだと思います。食品や食材を保存する時にも必要ですし、冷凍保存に適したものもありますし、ちょっとものを小分けのする時にも必要で、重宝です。この重宝なビニール袋は、様々な大きさのものがあって、それも便利な理由の一つです。大きさもそうでが、チャック付きのものまであって、使い勝手もいいですね。洗って何度でも使えるタイプもあって、使い捨てでないものはエコにもなっていいです。


エコバック活動とビニール袋について

数年前からスーパーなどで買い物をする際のレジ袋が有料化されました。突然有料化するのではなく、まず買い物袋を持参する習慣をもってもらうためのエコバック活動を積極的に行っている企業も多くありました。そのかいもあって、数年たった現在では買い物に行く際はエコバックを持って出かけるということが当たり前になったという人も大勢います。たまにエコバックを忘れたときに有料袋を買うことになるのがくやしくて、途中で忘れたことに気がついて取りに戻るという人も少なくないようです。このように、スーパーなどでレジ袋を使わずに買い物をするということが定着してきましたが、ここでひとつ別の問題も発生しているようです。今までは普段の買い物でレジ袋を持ち帰っていたため、家庭に自然とビニール袋が常備されていました。それらのビニール袋は物を入れたりごみをまとめるのに使う人も多くいました。現在のエコバック活動によって、家庭内にビニールのストックがないことから、わざわざ市販のビニールを買って使うといった今まで見られない現象が起こっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*